幼児教育で身につけよう未来の力

実例も紹介!幼児教育からは何が学べるの?

将来につながる「生きる力」を身につける幼児教育

幼児期とは一般に満1歳から小学校に就学するまでの期間を指します。
基本的な生活習慣を覚えることや人格形成の基盤をつくるもっとも重要な時期です。この時期の子どもを対象とした教育が幼児教育です。
その為、知的教育のみを指すのではなく生活全般を通じて子どもが発達をしていくために様々な良い経験を与えるとともに、それを取り巻く環境や教材などを整えることが大切です。
幼児教育の主な場所は家庭ですので、まずは親による教育が重要となります。3~4歳以降は同年代の子供たちと触れ合う機会をつくり、徐々に集団生活を体験することで社会性の発達を促していくよう、年齢や成長によって教育の場を広げていくことがよいでしょう。
乳児期は生活のすべてを親などのおとなに依存しなければならないですが、幼児時期に入る1歳の頃からは運動機能の発達とともに、自分で食事を口に運んだり、言葉を理解し意思を伝えようとするなど、自立への発達のスピードが上がってきます。この時期からの育児に伴う教育が、今後の人格形成に大きく影響を与えていくことが分かっています。家庭での親や家族との触れ合いや、しつけを通し基本的な生活習慣を学ぶことで、さらに大きく成長していくのです。そして、公園や、保育園、幼稚園などで同年代の子ども達と触れ合い、周囲のルールを認識し、自己中心的な世界から他者とのかかわりの中で道徳心の芽生えや我慢、相手を認めるなどの社会性を学び、様々な子どもにとって良い体験が自信を与え、学びの意欲を高めていくのです。
このような幼児期の発達に対して行う教育が幼児教育であり、子どもの個性を伸ばすために個々に合わせて与えていくことが大切なのです。