>

幼児教育でなにを選択すればよいのでしょうか

生活の中での幼児教育は

生活の中での幼児教育には大きく3つに分けられます。
まずは家庭です。親や家族との関わりの中で身につける生活の基礎ももちろんですが、家庭の中での遊びや絵本の読み聞かせ、お手伝いや自分の身の回りの様々なものに触れ、楽しみながら興味の幅を広げていくことを意識して与えていくことが良いでしょう。一番安心できる人たちの中で伸び伸びと吸収し柔軟な心を育む最も大事な場所です。
次に保育園です。一日の多くを過ごす場所です。家庭での保育のサポートとして、様々なことを学ぶ所でもあります。多くは同じ年齢だけではなく就学前の様々な年齢の友達と過ごすことで得られる経験は心を成長させてくれます。
また、幼稚園も最近は時間の延長を設けている園も多くなってきました。保育園とは違い、同じ年齢でクラスに分かれて学習指導要領に沿って、集団行動の中で友達と協力をしたり、知育と運動をバランスよく学び、生きる力を身につけていきます。

習い事や教室で伸ばす子どもの個性

習い事の内容も多岐にわたり、選択肢も増えてきました。
運動系では主に体の発育とともに仲間との関係や競争の中で忍耐や、目標に向かって協力して頑張るなどの協調性を育むことができます。
ピアノや絵画などは感受性を育て、集中力を高め、仕上げた時の達成感と、評価を受けることでさらなる向上心が生まれるなど個性を伸ばせます。
英語教室や学習教室などは子どもに合わせて、知覚を刺激し探究心や能力を引き出して指導してくれます。大抵は、宿題が出て、家庭学習の習慣化にも繋がってくるので、就学後の勉強もスムーズに受け入れやすくなるようです。
他に、幼児教室などで発育の遅れている子どもを対象にサポートをしてくれる教室もあり、実際に、じっと座っていることの出来なかった子どもが、就学するまでの間に落ち着いて学習できるまでになり、他の子ども達と変わらず学校生活を送っています。
子どもに合った幼児教育を選ぶことが大切です。


この記事をシェアする